5歳保育園児の共働きフルタイム社員な主婦の働き方。②

f:id:nikonotsuki:20160710113346p:image

 

仕事休めないよ、、、

パパは仕事に集中して!

我ながら、よくもまぁ、こんな感じで手のひら返したなぁと思うわけですが(笑)

 

今までだったら、

 

私が休まなきゃいけない

イコール

私だけが大変で、パパだけ楽してる。

楽してるパパ、ずるい!

 

という思考回路でした。

 

でも、ちょっと待って。

 

本当に私「だけ」が大変なんだろうか?

本当にパパ「だけ」が楽してるのかな?

本当にパパはずるいのかな?

 

と、立ち止まるようになったんです。

 

パパの立場に立ってみると、、、

今年、専務になったばかりで会社をもっと大きくしたいと燃えているし、いつもの現場に加えて見積り、営業活動も増える。(状況)

事務員さんが退職し、いつもはない事務作業が増えている。(状況)

 

※パパ、事務作業は苦手だったなぁ。

 

もし私が役職について、いつもの倍以上の仕事があって、苦手な作業が増えている状況の中で休んでよ!って言われたら、、、

 

仮にその場しのぎで休めたとして、

また同じ状況になったとき、

私ばっかり大変よ!あんたも休んでよ!って怒ったみたいに言うパートナーに、優しく出来る自信あるかな?

 

無理だべ。

 

どう考えても

優しくなんか出来ないべ。

協力なんか出来ないべさ。

 

というわけで、

パパはずるくない、という結論に至ったのです。

 ※立ち止まり、結論をだし、動くまで

1時間19分。

 

正直、モヤモヤした気持ちもあったけど、

とりあえず試してみよう。

言うのはタダだし!

という覚悟で、

 

パパは仕事に集中して!

と送ったら、、、

 

パパはね、ほんとすごいの。 

ラインで状況確認、娘が望めば事務所からテレビ電話してくれた。(行動)

夜中に帰ってきたけど、娘のアイスノンを取り替えてくれた。(行動)

この日は、私の好きなヨーグルトを買ってきてくれた。(行動)

私が娘の病状に不安になったとき、どっしりと構えて、「大丈夫だよ」と根拠はないけど安心感を見せてくれた。(行動)

 

こんなに行動してくれてるー!

しかも後日、

毎日深夜に帰って来るはずのパパが

19時という、下手したら明るい時間帯に帰ってきて、

これまた私の大好きなお酒を買ってきて

ママはゆっくりして、あとは俺がやるよと

お皿とか洗ってくれちゃって。

 

あの時、立ち止まり、自分の瞬間湯沸かし器的に沸騰した気持ちを

一旦吹きこぼさないよう弱火にできた私を

本当に褒めたいと思った出来事でした。

 

今日はこの辺で。

とびっきりの愛をこめて