5歳児のギャン泣きを一瞬で鎮める方法。

昨日から、東京に一泊しているのですが

夜に、娘から電話がありました。

いつも電話はテレビ通話?という名前であっているのかな。。

顔を見ながら電話できるやつです。

 

電話に出るなり、娘はギャン泣き。

久々のギャン泣きでした。

 

ママ、どこにいるの?

何時に帰ってくるの?

ママ、抱っこして!

 

画面の向こうで、娘は必死に訴えていました。

 

今回の旅は娘にはちゃんと説明しないで

出てきてしまったことを反省し(言えなかった理由はまた今度)

まずは、謝りました。

 

ごめんね、今日はママお出かけすることを言ってなかったね。

と伝えると

 

そうだよ!何も聞いてなかったよ!

今日もママと寝たかったのに!

 

そっか、ママと寝たかったよね。

ママも一緒に寝たかったよ。

でも、今日は大好きなパパとおしゃべりしてから眠れるよ^^

 

パパも好きだけど、ママが良かった〜!!

ママ、大好き〜〜!

 

ママも大好きだよ!

明日は◯◯ちゃんの大好きなチョコを買って帰るからね!

 

チョコ大好き〜!

早く帰ってきてね!

 

ママの大好きな◯◯ちゃん、

今日はどんな夢を見たか、明日教えてね♡

 

こんな感じで電話が

終わりました。

 

あるポイントで、一瞬で娘が泣き止んだのですが、

お気づきでしょうか?

 

 

 

答えは

大好きなパパとおしゃべりしてから眠れるよ^^

 

ここの

 

大好き、というキーワードを入れたところ何です。

ここから、私は何度も大好きと言って、

娘からも大好きというキーワードをもらっています。

 

子どもは言葉をそのまま受け取ります。

大好き、という超ストレートな愛情表現を

ストレートに受け取ってくれるのです。

 

物理的に離れて、寂しくなっても

言葉の持つ力を借りて

娘にを伝えることで

彼女は安心したのです。

 

 

とはいえ、やはり、娘のギャン泣きはちょっと辛かったなーw

これから、終盤に差し掛かった講座を受講し

より、について

パートナーシップについて

学んできたいと思います。

 

今日はこの辺で。

とびっきりの愛を込めて。

 

f:id:nikonotsuki:20160925104158j:plain