愛しか入ってないぜ。

「夫婦とは本当に面白いのか」を考える

内なる声を書いてみる(言葉にできるは武器になる、に影響されすぎた)

内なる声とは

頭の中で浮かぶ言葉のこと。

 

どんだけ集中していても

頭の中を空っぽにするって

絶対できないって私は思っていて。

 

常に何かコトバだったり、イメージだったり

何かしら浮かんで居ると思う。

 

たとえ、ただ真っ白な一面を

想像したところで

それは「無」ではなくて

「真っ白な一面」という情報である。

 

「無」に達するには

なかなか時間がかかりそうです。

 

というわけで、

常に何かしら内なる言葉というものが

発せられて居るわけなので

それを言葉にしたいのだけど

声に出したり、文字にするまでに

相当な忖度が自分の中で行われて

しょうもない言葉しか出てこないのもまた事実。

 

伝えたいことはこれじゃない

カッコつけすぎてしまう

 

そういうものを限りなく削って

計算もせず

忖度もせず

ただ伝えることができるようになりたくて

ブログを再開しました^^

 

これまでの内容とは雰囲気が変わるかもしれませんが

気が向いたら読んでください。

 

というわけで

今現在の内なる声は

#電気ポット欲しい

干し芋が食べたすぎる

#玄米緑茶うま

 

以上!