愛されザンギ。

みなさんは

ザンギ

という食べ物をご存知でしょうか?

 

北海道のソウルフードとも言われ、

家庭やお店によって味が違う

鳥の唐揚げみたいな食べ物のこと。

 

小さい頃からザンギって呼んでるし、

厳密に言ったら

鳥の唐揚げとはなんかちょっと違う。

 

運動会のお弁当には

ザンギがお重の一箱を埋め尽くし、

夕飯にザンギがでたら一気にテンション上がるし、

クリスマスはケンタッキーよりザンギだし、

本州の友人がザンギって唐揚げのこと?って聞いたら、

ザンギはザンギだよって謎な回答するし、

道民の誰しもが、

うちのお母さんのザンギが一番美味しいって思ってるし、

それくらいザンギって道民にとって

愛されてる。

 

この愛されザンギ。

 

なんで、ザンギなんだ?

なんでザンギって呼ばれてるんだ?

と、思ったことはないでしょうか?

 

諸説あるかと思いますが

偶然機内誌で見つけたのでご紹介致します。

 

ザンギの始まりは

霧の街 釧路らしく

そこのとある焼き鳥屋さんが、

その昔まだ物珍しいフライヤーを設置。

そのフライヤーで味付けした鶏肉を揚げたのが始まりだそう。

https://tabelog.com/hokkaido/A0112/A011201/1010248/

f:id:nikonotsuki:20170607100855j:plain

 

中国語で

ジャー【揚げる】

ジィー【鳥】

ここから

ジャーギー となり、

そこに、運(うん)がつくようにと

間に【ん】が入って

ジャーンギー

これがさらになまって

 

ザンギ

になったとのこと。

 

この【運】には、

食べてくれるお客さんに幸運が訪れますように

という意味と

きっと店主がこのザンギが売れて、

お店がもっと繁盛して、

家族がもっと幸運になりますように

って思ったような気がして

なんだかか、私も幸せな気持ちになった。

 

来週は遠足に運動会、

娘の行事がてんこ盛り。

 

お弁当にはやっぱりザンギを入れよう。

 

娘の幸せな笑顔を思い浮かべて

前の晩から特製のタレに漬け込んで

仕込みをしようと思う。

 

幸運が詰まったザンギ。

今夜の夕飯にいかがでしょうか^^

 

とびっきりの愛を込めて。

 

夫婦軸ナビゲーター

川崎朋美